L.A.から音楽と英語と日々をご報告。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■怖い
2006/01/18 WedNotes in the Margin
久々に恐怖で震えて目が覚める程の怖い夢を見た。
そりゃー、ホラーですらほとんど怖くない私がビビる位ですから
かなーり怖いです。

部分だけ覚えてるのは、、、

ある施設の中にいる。そこになぜか自分の知ってるドラマー(笑)がいて、
普段、彼がスーツを着ているところは見たこと無いんだけども、スーツを
着用している。会議室のような場所。
そこで彼も含め、10人前後知らない人がいる。

「あなたは誰の紹介なの?」
というような事を女性に聞かれ、??ってなっていると
また別の女性が
「彼の友達らしくてきたみたいよ」
という。
で、そこで何かちょっと宗教っぽい儀式がおこなわれる。

また別の場面。でもさっきと同じ施設内。
『人体の不思議展』よりもっとアートな
ミュータントのように見える展示がいっぱいある。大体は
立体だけども壁にかけれるタイプ。
それがものすごいゼリーっぽいような、シリコンぽいような質感で、
血管や肉のような感じがものすごいリアルで感心して観ていた。

その後、それが実際の人間を使って作られた物だと判る。
でもその『作品』は人間を原料に使っているとは思えない
現実離れしたものばかりだった。
それはその施設にいる身寄りの無い人達を原料にしていた。

んで、なぜだかその後それを知った自分も原料にされようと
して逃亡する。そのドラマーも逃げようとするが、彼はすでに
半分処理されていて、逃げる途中で、体が分裂しはじめ
皮が剥がれ、機械のようになった部分とそのゼラチン質のような
部分に分かれて行く。

私はその人を助けようと?するが、その人は逃げるようにと
いいながら、体がますます変態していく。
私はそこから逃げる、、

というような感じだった。逃げられたかどうかは覚えてないけど、
はっきりとそのアート作品のようなものは覚えている。

Alex Gray や、プラスティネーションなども平気だけども、
あまりにもリアルで気持ち悪かった、、その映像がみせられたら
と思うけど、まぁむりだよねー。
ちょっと似てたのが、たしかロンドンのクリエイティブ集団、
TOMATOの作品で、展望台とかにある望遠鏡のようなのが
顔にみえるやつがあったと思うんだけど、
それが人間でつくられてる。目も口もだだの暗い穴で、
口には腸がつながってて、、、って感じ。
もちろんアート作品と思えるような出来。
ヘルレイザーとかみたいにリアルではないのだ。

大体なんでその知り合いもでてきたかも不明。
めったに連絡も取らないし、仲良いわけでもない。
しかも夢にすら出てきたことも無いのだ。

そんな夢をみた。
今日はみませんように、、。

昔から多かったけど、ほんと久々にヘンだった。
自分の中の狂気を見た気がしたなぁ。

英語は明日にでも考えます。
表現しにくいなぁ。

映像化したら外人なんてショック死するかもね

-----------------------------------------------------------------
::It was so frightening::


I had a frightening dream which made me wake up with a fear.
It was very scary because I was scared.
I'm hardly afraid when I watch most horror movies.

Some scenes I remember are...

I was in a certain facility. I don't know why, a drummer who
I know was there too (lol).
Despite I've never seen he wore a suit, he wore a suit.
We were in like a conference room.
There were about 10 unknown people including him.

"Who invited you?"
A woman asked me.
The time when I was trying to understand the situation I'm in,
Another woman said
"I heard she is a friend of him."
Then, some event like a ritual was hold there.

Another scene. But at same facility.
There were a lot of exhibits which looked mutant with art atmosphere.
Most exhibits were three-dimentional and suspensible.
Those were made of like a jelly or silicon, and like
blood vessel and flesh were so realistic and I looked at it admiringly.

After that, I understood that those exhibits had been
made of real human.
But I didn't think that those "productions" were made with human.
These were so unrealistic.
Materials of those works were people who had
no place to go and lived in the facility.

I don't know how I know it, but somebody tried to make me a part of materials,
so I ran away.
That drummer tried to do so too, but his body had already been begun to change
to a exhibit. While he run away, his body begun to sprit, skin came off,
and his body started being separated a part of machine and a part of gelatinous.

I tried to help him(?), but while he said that you should ran away to me, his body was changing more and more.
I run away....

Like this...I don't remember I could run away, but I remember these
exhibits clearly.

I don't care art works of Alex Gray and plastination,
but these exhibits were so gross too realistic...
I wish I could show you, but it's impossible.
These exhibits remind me -if my memory is right- TOMATO which is
a creative team in London made a artwork that a telescope looks like human face.
That artwork was made of human, like that.
Eyes and mouth are just dark holes and bowels be connected with its mouth..
Quality of these can called "artwork".
These have different kind of realistic against "Hellraiser".

I don't know why he appeared in my dream.
I hardly ever get in touch with him, and
we are not on good terms especially.
This is the first time he appeared in my dream.

I saw a dream like this.
I wish I don't dream it today.

I've seen a lot of scary dream, but it was so weird dream.
I felt I saw my insanity.

If I make a movie of this, most American might be dead by shock.
トラックバック(0)+ +コメント(5)
車がみつからん。https://blog.fc2.com/custom_manual/ ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ World Baseball Classic
ホラー好きクリエイターの悪夢って
かなり怖いんだろうなぁ。

僕も、若い頃ホラー映画や怖い物好きでいろいろ見たもんで、悪夢の怖さレベルは半端じゃないよ。自分の一番怖いとこ突いてくるもんなぁ。

ベッドの上で朝死んでる、って状況は幸せそうだけど。僕の場合、この調子で年いったら自分の作る悪夢で心臓発作起こすんじゃないか?とおもうもん。こないだ僕も怖い夢見て、心臓バクバク汗びっしょりで目が覚めたよ。
2006/01/20 Fri URLやま#- [ 編集 ]
まじで
ちょー怖かったよ!!
やまさんのもきっと怖いだろうねぇ。ホラー好きって想像力がハンパでないもんね。
ほんと、心臓発作では死にたくないよね。
2006/01/20 Fri URLX-er13#eqP7eH0Y [ 編集 ]
こわ~!!!
いやー、読んでいてこっちまで怖かったv-12
そして最近英語でもブログを書いてるX-er13さんに脱帽。
日本語で書くのも億劫なのに(笑)本当に尊敬します。
ちなみに、最近(といっても大分前だけど)怖くて目が覚めた夢は、私が全身毛むくじゃらのゴリラになる夢でした。
夢の中で、鏡を見ながらゴリラ姿にショックを受け、恐る恐る体を触ってみると本当に毛がごわごわしていて、その瞬間あまりのショックに目が覚めました。
馬鹿みたいだけど、意外と怖かったです(爆)
もちろん目が覚めてからすぐに全身触って鏡見ましたよ。
ゴリラになってなくてよかった~v-355
2006/01/21 Sat URLHAL#8WB1YSfE [ 編集 ]
怖がってもらって良かったv-40
私も正直日本語ですらめんどくさい(日本語も怪しいので)けど、
HALさんみたいに学校いってるわけでもないから、どこかで
アウトプットせねばならんと思って書いてるだけですよー。

しかし日常思ってることでも表現できないもんです。

そのゴリラの夢も怖いじゃないですか。
そういやそういう感じの夢ってみたことないなぁ。

2006/01/21 Sat URLX-er13#eqP7eH0Y [ 編集 ]
読みながらイメージふくらんだけど、、、寒気しちゃいました。
映画にでもできそうなくらい、ホント、恐ろしゲな夢ですな。
私も夢はよく見るけど、こーゆーのは見たくないじょ。

一昨日から微熱下がらずダルダル。
で、今朝見た夢→じーちゃん、ばーちゃん、母親と一緒に
果物の盛り合わせとイクラ(鮭卵)を食べる夢(笑)
私以外は皆他界してる人物って所が
違う意味でコワカッタでつ(;´Д`A ```
あぅ・・・
2006/01/21 Sat URLpeggy*O*#mQop/nM. [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
HOME
最近の記事
Tag & Search


About ME

X-er13

  • Author:X-er13
  • L.A. 滞在中の音楽バカでタイガースバカ。
    *コメントは承認制になりました(スパム対策の為)。

    まだ見る?

    twitter badge
    FriendFeed でフィードにアクセス
月別アーカイブ
07  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12 
全記事一覧
Amazon
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Mail Form
ラブレターはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。