L.A.から音楽と英語と日々をご報告。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■ラスベガス旅行 4日目
2009/02/24 Tue:: Under a Sorrow Country ::
4日目。予定ならば今日帰る予定だったんだけどね、、。

今日の早朝の飛行機で帰国の途につく友人。それに帰って来たのは1時を
回っていたので、1時間程だけ仮眠を取って、朝6時のシャトルで友人は
帰国の途に。わたしもシャトル前まで見送りに行ってそこで別れました.

私は午後まで時間があるので、また休み、時間になってからチェックアウト
して荷物を預けて、前日うろうろしたときにみたパラッツォないのカフェに
パソコンもってGO。
ここではwifiを使うにはパスワードを聞かないとだめみたい。
ちなみにベネチアン自体はネットが使えませんが、カジノフロアはwifiが飛んでます。
それがここのパラッツォのカフェまで飛んでいたので、結局それを利用。

クロワッサンサンドを食べて、カジノをちょっとしようと思っていた時に
携帯に知らない番号からかかって来てたので、残ってたメッセージを聞いたら
なんと、バスがキャンセル。

え~~~。しかもL.A.からVegasに来るフリーウェイ自体がクローズ。
そりゃしゃーないなぁ、、、。急遽またベネチアンで飛行機を探したりもしたけど、
高い。なので、ネットでいろいろしらべて、泊まった事の無いホテルつーことで
安かった エクスカリバーに泊まる事に。バスは電話して、中国系だからか、どこの人かわからんが、なまっててものすごいわかりにくかったけど、どうにか無事明日の同時間に再スケジュール。

エクスカリバーならクリスピークリームがあって、しかもここはwifi飛ばしてるので、前に泊まった事のあるトロピカーナとかはwifiないし、ということでここに決定。1泊$39位。やすっ!

預けてあった荷物を受け取りに行くと、外は雨だったので、仕方なくタクって行きました。予定外の出費が多すぎる~~。

ここは部屋、古いせいか以外と汚かったなぁ。そとはお城だけど、中は別に、って感じだし。インテリアも中途半端。ベッドサイドのランプ1こ点かなかったし。まぁ値段にしたらこんなもんか。部屋はキングの部屋だったけど、結構広かった。一応ソファとテーブル、椅子もありました。

仕方ないので、ご飯をささっとフードコートですまして、カジノでも
いくかーと思って行って、結局$100越えで儲かったので、ワイン買って部屋に。

しかもこのワイン、まずかった。久々にまずくて途中で飲まなくなった。
これならトレジョーの$2チャックのほうが全然いいな。
なので写真は当然のせる!覚えておかないと。

紙パックワイン

オーストラリアの紙パックワイン(カスクワイン)はそこそこ安くても
飲めるのがあるのに、なんなんだ、これは、というほど、、、。

ニュースみても、結構ヒョウ?みたいなのが降ったそうで、パンクしてる車の
映像も映ってた。ルームメイトに電話したら、L.A.も雨結構また降ってるよー
といわれ、明日も帰れるのか~~~!と心配しながら寝ました。

トラックバック(0)+ +コメント(0)
ラスベガス旅行 5日目http://blog.fc2.com/custom_manual/ ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ ラスべガス旅行 3日目

管理者にだけ表示を許可する
HOME
最近の記事
Tag & Search


About ME

X-er13

  • Author:X-er13
  • L.A. 滞在中の音楽バカでタイガースバカ。
    *コメントは承認制になりました(スパム対策の為)。

    まだ見る?

    twitter badge
    FriendFeed でフィードにアクセス
月別アーカイブ
07  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12 
全記事一覧
Amazon
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Mail Form
ラブレターはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。