L.A.から音楽と英語と日々をご報告。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■カナダ旅行記その4
2009/08/17 MonNotes in the Margin
結局この日は殆ど寝ずに朝7時位におきなきゃいけなかったので、
カジノとシャトルが迎えに来る場所を点検にいきました。

◆部屋からも朝があけてくると滝が見えてきます。
部屋からみた朝の風景

ホテルから歩いたら Fallsview Casinoはほんと近くでした。朝から少しカジノをやって、その後シャトルが迎えに来るシェラトンへ。

こちらのシェラトンはレインボーブリッジの近くの方ではなくて、エンバシーの2軒位南にあります。ホテルの規模がわからないので玄関を確かめに。写真で見るより結構小さめでした。歩いたら5分位かなー。

◆こちらは泊まったエンバシーを下から。
下から写してみました

◆これ大橋巨泉のショップ。オッサンすごいなぁ。
こんなんどこにあんねん!と思ってたらホテルの真ん前にありました。意外と良心的な価格だそうです。
こんなところにまで、、。

ホテルでは朝ご飯が付いていて、言われたときは7時からって言われた気がしたんだけども、もらったカードには9時半から、と書かれていたのですが、一応9時に見に行ってみたら開いてる~~!!

なのでダッシュで朝食を食べてTVでチェックアウトしてシェラトンへ。
シャトルは結局予約していたものの、私らのみでした。数カ所泊まるけどだーれも乗ってこない。
初めにちょっと眼をつけていて、地球の歩き方にのってたホステルにも止まりました。
バスターミナルの近くです。この辺まわったけど、ゴーストタウンのよう。ホステルもかなりボロかったです。車じゃないと不便な感じでした。

◆かわいく見えてますけど、全然違います!! これぞ変デジの威力。
実際とは全然ちがうホステル

そしてNOTLのバスターミナルへと向かいます。途中観光ポイントがあるんですが、数カ所おっちゃんの計らいで?止まってくれました。

◆世界で一番小さい教会らしい。
一番ちいさいんだと。

いろんなサイトに載っているので説明は不要かと。160cm弱の私だったら入り口は軽く通れますが、170位の人だとかがまないと無理かも。

◆ここからだと良い眺めだよ、って言われたポイント。川の先の左側にNOTLがあります。
先がNOTLなのね、、。

◆後ろには将軍(と言ってた気がする)の像が。この場所で沢山の人が亡くなったそうです。
ネットで探した所、米英戦争で戦ったアイザックブロック将軍の像だそうで。おっちゃんの説明メモっとけばよかった。
将軍、、、。

NOTLのバスターミナルに到着。街までのシャトルもあったんだけど、結局おっちゃんが乗せて行ってくれました。ここの観光案内所の人も超親切でした。別に迎えにきてもらわなくてもよかったのに、わざわざB&Bに電話して

「キミの所に泊まるお客さんが女性2人来てるけど、迎えにきてくれる?」

とまで聞いてくれました。あちらも丁度今足が無いとかでダメでしたが、ちょっとびっくり。
ここからB&Bは歩いて2ブロック程。

続く。
トラックバック(0)+ +コメント(0)
カナダ旅行記その5http://blog.fc2.com/custom_manual/ ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ カナダ旅行記その3

管理者にだけ表示を許可する
HOME
最近の記事
Tag & Search


About ME

X-er13

  • Author:X-er13
  • L.A. 滞在中の音楽バカでタイガースバカ。
    *コメントは承認制になりました(スパム対策の為)。

    まだ見る?

    twitter badge
    FriendFeed でフィードにアクセス
月別アーカイブ
07  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12 
全記事一覧
Amazon
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Mail Form
ラブレターはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。