L.A.から音楽と英語と日々をご報告。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■カナダ旅行記その5
2009/08/18 TueNotes in the Margin
今回の宿は "Antique Slumber Bed & Breakfast"。キャシーと息子さんのコリンの二人でされているかわいらしいB&Bです。NOTLは結構B&B高いようです。私にはB&B=安くて、美味しい朝食出してくれる小さい宿というイメージで、イギリスでは初めホテルに泊まったあとにB&Bに泊まって以来、イギリスでは大抵B&Bに泊まっています。アメリカやカナダではかなり高めなプライベートホテルみたいな位置づけなんでしょうか。ココは是非お薦めです!

サイトはこちら。
◆ Antique Slumber Old Town Bed & Breakfast
http://www.antiqueslumber.com/

色々問い合わせしたときもキャシーが丁寧に答えてくれました。友達は初めてのB&Bだったらしく、かなりココが気に入った模様。ずっと「かわいい!」と連発してました。

◆こちらはバックポーチの模様。リスが走ってたり、トリが飛んでたりと自然が一杯。
バックポーチ
(こちらは友達のiPhoneにて撮影)

ここで自転車も貸してもらいました。レンタルは結構するのでどうしようかなぁ?と思ってて、しらみつぶしにこの地域のB&Bの情報を探していた所、このB&Bを発見。
一応NOTLのサイトにも載ってます。オンラインで予約できる大手のサイトには載ってないんですよね。上に書いたサイトからはオンラインで予約できます。

自転車を借りてからもちろんワイナリー巡りに行くんですけど、街を全く観光しないのもないな、ってことでまずは北に向かってオンタリオ湖と川が交わってる近くにある公園、Queen Royal Park へ。

◆家族づれも一杯ひなたぼっこしてました。この日はよく晴れてました。
みんな夏休みか?

◆夏だからか花も沢山咲いています。中央に見える塔はこの街のシンボルで、1922年 第1次世界大戦で亡くなった人々を偲んで作られた時計台だそう(Niagara-on-the-Lake Pukiwikiより)。
道せまっ

◆塔の上部。
時計台上部

◆塔の下部。下の石碑には死者の記念碑とわかる "CENOTAPH" の文字が。
時計台下部と記念碑

◆一番有名なホテル。案外ランチとかはお手頃価格の模様。
これは正面玄関ではないみたいですが。
ホテル玄関

◆分離帯?もゴージャス。
花がてんこもり

◆こういう街に馬車って言うのはお決まりパターンなんでしょうか。
馬車の単語って何だろう

そして街をさらに歩きました。有名なジャムやファッジ(甘過ぎてダメだった)などにも。丁度昼時だったのでどこも一杯。あまりお腹がへってなかったので、ランチはせずに買ったジャムなどのお土産のみをB&Bに置きに行って、水を持ってワイナリーめぐりに出発!このころ1時半か2時位かな?

思いっきり回りますよー。友達は初のテイスティング&ワイナリー巡り。

つづく。
トラックバック(0)+ +コメント(0)
カナダ旅行記その6http://blog.fc2.com/custom_manual/ ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ カナダ旅行記その4

管理者にだけ表示を許可する
HOME
最近の記事
Tag & Search


About ME

X-er13

  • Author:X-er13
  • L.A. 滞在中の音楽バカでタイガースバカ。
    *コメントは承認制になりました(スパム対策の為)。

    まだ見る?

    twitter badge
    FriendFeed でフィードにアクセス
月別アーカイブ
07  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12 
全記事一覧
Amazon
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Mail Form
ラブレターはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。