L.A.から音楽と英語と日々をご報告。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■カナダ旅行記その6
2009/08/19 WedNotes in the Margin
ワイナリー巡りを開始~~。一番個人的に気合いをいれて調べてたのがこの日のワイナリー巡り。カナダはアイスワインが有名ですが、まだ飲んだ事なかったので、気合いはがっつりです。

◆モレスキンのシティーノートブックにペタリ。
シティーノートブックにぺたり
(picnikで加工してます。Lomo-ishのフィルタ。)

左ページにはマップ、右ページには住所を電話番号のリストを貼付け、アイスワインがある所にチェック、マップ上には営業時間も書き込んであります(全て行く日のもの)。

写真左上にうつっているのが作ったしおり。レターサイズの紙1枚にプリントして8ページの構成になっています。

ワイナリーマップの拡大図
詳細

今回行った所は四角で囲ってある所。回ったワイナリーの数は8軒。行った順番に、
  1. Leiley
  2. Reif
  3. Inniskillin
  4. Marynissen
  5. Caroline Cellers
  6. Joseph's
  7. Pillitteri
  8. Jackson-Triggs

マップにのってないワイナリーも書き足してあります。1時半か2時頃からスタートし、最後のJackson-Triggs が18:30の閉まる10分位前でした。途中ランチとかは一切なし。テイスティングしてサイクリングのみです。

いくつかのワイナリーのはNOTLの中心部にあるワインショップでも置いてあるので、ワイナリーまで行かなくても買える物もあります。20 Bees や Marynissen など。

ナパやサンタバーバラと違って、テイスティングメニューがあって、$10でリストのなかから4つ、とかいうパターンではなく、ほとんどのワイナリーで1つからテイスティングできます。初めの一つが無料だったりとか、指定のが無料だったりというのもありましたが、アイスワインでもテイスティングで$7とかが飲んだ中では最高だったと思います。
普通のワインだと50セントや1ドル、2ドルとかが多かったです。そして、アイスワインですが、

アイスワインはどれも美味しかった!!
もちろんみんな特徴があって美味しい。好みでどこのがいいって別れると思います。

◆サイクリングロードがあります。
貰ったマップ

まずはFort gorge あたり(地図右上)からサイクリングロードをつっぱしります。どこで出たら良いのかわからず、行く予定に入れてた Peller は通り過ぎてました、、。Niagara Parkway は車メインな道路です。走っていいのかもよくわからなかったのですが、本気系のサイクリングしてる人が走っていたので所々私たちも爆走しました。
注:上の地図は縮尺が変わっています。本当の縮尺は上のモレスキンに貼ってあるマップのもの。

一つ目を早速走り抜けてしまったので、テイスティングの1軒目は Lailey。モダンな建物が印象的でした。結構こういう感じは好きです。

◆ Leiley の外観
Leiley 外側

◆ Leiley でのアイスワイン。ここでは Late Harvest のもテイスティングしました。
leiley.jpg

2軒目の Reif。 丁度到着した時にワイナリーツアーに出かけるお客さん達が出発するところでした。
ここは結構テイスティングルームが広かった。Niagara Falls にあるエンバシー(泊まったとこです)からの観光バスが来ていました。

◆ Reif の外側。ここは大きかったです。
Reifの外観

◆ Reif のテイスティングリスト。名前の後ろに書いてある括弧()内の数字は甘さを表します。
数字が大きい程甘くなります。一番したのVIDAL ICEWINEが(20)なのは一番甘いってことですね。
winelist

ここだけではないですが、カリフォルニアではみない品種も結構ありました。
あたりまえっちゃーあたりまえですが。
赤はほとんどそれをメインに飲んでた気がします。

ここにはお土産用の小さいアイスワインが売ってます。写真は取り損ねてしまった、、。
お次ぎは一番有名?な Inniskillin へ。

ここは大手なので敷地も更に広い!B&Bのキャシーも言ってたんですが、こういう大手のワイナリーと家族経営の小さいところを比較するのもおもしろいです。レイアウトだったり、建物の感じがやはり違います。

◆入り口ひろいよ~~。
inniskillin6.jpg

◆ 入って右手はツアー向け?のお客さん用が集う場所っぽい。
inniskillin5.jpg

赤い服の人はここの人。おっちゃんの店員?らしき人にアイスワイン一つタダでテイスティングできることを聞いてテイスティングルームの方へ行く。

◆こちらがテイスティングルームになってます。もちろんフルで普通に飲む事もできます。
inniskillin2.jpg

とりあえず、あんまりないスパークリングのアイスワインを試飲。これもさっぱりで美味しかった!そのあとで、店員さんにタダのがあるって聞いたんだけど?っていうと、店員さんは
「言おうと思ったんだけど、すぐにコレ!って言われたからいいそびれちゃったんだよ~~」
って言ってました。あら、すんません。
私らのよこのおねーちゃん3人組はかなりできあがっているもようで盛り上がってました。

◆ 奥にはくつろぎスペースも。
inniskillin.jpg

◆ テイスティングルームの真ん前にあるアイスワイン用のぶどうの樹。
inniskillin3.jpg

◆ ひろびろしていい眺め。
inniskillin4.jpg

ここで初めて日本人の声を聞いたかも。

次はかわいこちゃん猫の居た Marynissen へ。地図より意外と南下します。

◆ 入り口
marynissen.jpg

◆ かわいこちゃんふたたび。
marynissen2.jpg

ものすごい自然の中に居てそうですが、車とか自転車を止める入り口すぐ横の芝生上にいました。さわっても「にゃーん」というだけなのでナデてたら、ばしっと叩かれ(爪はでてなかった)、また20cmぐらい移動、声をかけたらまた「にゃーん」というだけで少し移動みたいなかんじでした。
きっと客にいつも絡まれてて面倒だなぁ~~って感じなんでしょうね。

◆ この左のシラー美味しかった。白はメインに友達のテイスティングメニューでしたが、これもGOOD。
Marynissen4.jpg

◆ すぐ横にワイン樽が。
marynissen3.jpg

ここの人はフレンドリーでいい感じでした。
「冬にもアイスワインフェスティバルが在って楽しいわよー!」
って言ってたので、冬寒いんでしょ?っていうと、
「そうねぇ。これぐらい(1m)つもったりするから朝は来たら雪かきねぇ」
と言ってはりました。アイスワインフェスの写真も下調べ中にみたんですが、みんな超防寒着!
楽しそうだけど、ものすごい寒そうでした。そらナイアガラの滝も凍ってる時期だもんねー。

◆これ。

Niagara Ice Wine Festival
Outdoor Ice Wine Bar
Photo © Christine Collie

◆こんなのもあるらしい
ice.jpg
image by vivianh

ここでは外人2人と日本人の男の子1人の3人グループに遭遇。だれも私らの好きなバンドは知らず、、。超有名なのに、、。しかも若者やん。お坊ちゃん達だったんでしょうか?

つづく。
トラックバック(0)+ +コメント(0)
カナダ旅行記その7http://blog.fc2.com/custom_manual/ ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ カナダ旅行記その5

管理者にだけ表示を許可する
HOME
最近の記事
Tag & Search


About ME

X-er13

  • Author:X-er13
  • L.A. 滞在中の音楽バカでタイガースバカ。
    *コメントは承認制になりました(スパム対策の為)。

    まだ見る?

    twitter badge
    FriendFeed でフィードにアクセス
月別アーカイブ
07  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12 
全記事一覧
Amazon
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Mail Form
ラブレターはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。