L.A.から音楽と英語と日々をご報告。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■カナダ旅行記その7
2009/08/22 SatNotes in the Margin
ワイン巡りの続きです。

猫がいた Marynissen を後にして、次も小さいワイナリー Caroline に向かいます。

◆ Caroline の外観
Caroline.jpg

こちらはテイスティングが通常通りのリストからいくつか、っていう選択でした。
珍しい赤のアイスワインがあるんですが、リストのテイスティング(通常のアイスワインは入ってます)か赤アイスワインかどっちかしかできないみたいでした。お金を払ってもダメなの?って聞いてもダメだったんで、どっちかしかできなかったのを初めに聞き落としてた模様。ちくしょ~~。

ですが、ここのアイスワインを友達と二人とも気に入ったので購入しました。
値段も$30でお手頃だったし。ちゃんと開けたあとのコルクが付いたフタもくれました。

途中でおばちゃんに「何で来たの?」って言われて、何の事だろう?と思ったら車の事だったんで、自転車で来た事を伝えると、それが一番いい手段よ!って言われました。まぁベロベロだったら自転車でも怒られるだろうけど(本当はダメだと思うけど)、車ならさらにアウトですもんね。自転車だとほぼおとがめなしってことでしょうか。

ここはテイスティングルームの外側にテーブルとかが置かれていたんですが、ここには2,3組が話に花を咲かせていました。食べる物もオーダーできるみたい。

カバンにワインを突っ込んで、次はこちらは大手 Pillitteri へ。

◆ Pillitteri Estates の看板
Pillitteri.jpg

こちらは観光客がかなり来てるようでした。地元の食材なんかも少し置いているようで、その辺や入ったところの中央にある色々な賞を受賞したものを展示している場所なんかをみていました。

◆ 建物の中央にある入り口を入った所。右側にちらっと写っているのが上記の展示の棚。
Pillitteri2.jpg

棚は天井までの高さでこの入り口入った所の両側にあります。圧巻ですよ。そうこしているうちに店員のおねえちゃんが声をかけて来たので、ティスティングするつもり、と伝えると、それぞれの好みを聞いてくれて、テイスティングルームの場所まで案内してくれ、ちゃんと担当の人につたえてくれました。

ここはパンフレットも日本語のがありました。あ、どこかもあったけど忘れてしまった。
そしてココでも数点テイスティング。買わなかったけどココはタダだったなぁ。
愛想のいいおっちゃんが対応してくれました。おっちゃんといいながら自分と大して歳が違わんきもしますが、はは。

◆ またボケてるけど、この他2つぐらいしました。
Pillitteri3.jpg

そして次は Joseph's へ。こちらは年配の夫婦らしき人が対応してくれました。入ったときは人あまりいなかったのに、テイスティングしてたら客が結構増えてきました。普段も結構そうなんですけど、なんでだろう。ここは写真とりそこねた!!!

そして最後の Jackson-Triggsへと向かいます。時間間に合うのか!?
この街はいいところだなぁ、と友達と話しながら最後のワイナリーへ走ります。途中にあったところはわかってたけど既に閉まってた、、。

Jackson-Triggs には閉まる時間10分位前に到着。

◆ 入り口。
jackson4.jpg

いけるのかー?と思ってゲートを入って行くと、後から車が3台程。お、仲間がいるとちょっと安心.中にはまだ他のお客さんも結構いました。

こちらでは好きなシラーをテイスティング。ここのもよかったなー。対応してくれたのはカッコいい短髪のおしゃれなおばさん。50代後半位?店員さんは結構若くて可愛いめなおねえちゃんが多かった気がします。

◆ こちらもちょっとモダンな感じ。
jackson2.jpg

◆ お客さんもうすぐ閉まりますけどたくさんだなー。
jackson.jpg

◆ 入り口横の看板。
jackson3.jpg

ここを終えてワイナリー巡り終了!いやー実によく走りました。実際この距離だけだと大した事無いんでしょうけど、簡単な地図ですが、それをみながら(友達はびっくりする程方向感覚がない)とかしてると意外と時間がかかってしまいました。
それに日差しはキツいものの(凄い焼けた。)、気温はそれほどでもありませんでした。
酒を飲むとすぐに赤くなるんですが、あまりならなかったし酔ってる感じもいつもより無かったのは自転車で消費してたんでしょうか、、。

そのまままたダウンタウンへ入り、水を買ってB&Bへ帰りました。二人とも滅多にしない運動に突かれて少しねてからパブへ行こうと言って寝たら、二人とも起きないで結局夜中になってしまい、いけずじまい。あきらめてまた寝て、早朝からお風呂に入ったりしました。

ここでは湯船につからなかったんですが、ここも泡がでるようになってたんですよねー。
ゆっくり入れば良かったな。

◆ こちらバスルーム。
浸かりたかった、、。

続く。
トラックバック(0)+ +コメント(0)
英辞郎をマウスオーバー辞書(ポップアップ辞書)にするhttp://blog.fc2.com/custom_manual/ ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ カナダ旅行記その6

管理者にだけ表示を許可する
HOME
最近の記事
Tag & Search


About ME

X-er13

  • Author:X-er13
  • L.A. 滞在中の音楽バカでタイガースバカ。
    *コメントは承認制になりました(スパム対策の為)。

    まだ見る?

    twitter badge
    FriendFeed でフィードにアクセス
月別アーカイブ
07  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12 
全記事一覧
Amazon
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
Mail Form
ラブレターはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
RSSフィード

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。